年を重ねる度に老後の住まい、暮らしを考える様になります。賃貸ですと老後の住まいに大きな負担と感じます。

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること
評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

賃貸は老後の住まいに不安。

住まいも時代と共に変わってきてます。また自分達の年代によってもいかに住み心地がどれだけ良いと感じるのか受け取り方が変わってきます。若いうちですと見た目やおしゃれ、最新の設備を気にかける事が強いです。ただ年齢と共にその様な設備ももちろん大切ですがいかに落ち着く場所てあるかと言う事が重要になっている様に思います。

家族をもって子供達が自立をし親元から離れていくと次は自分達の老後の住まいを考える様になりました。残される主人と私の二人でこれから年を重ねていくばかりに老後の住まいの確保に不安、心配になる時があります。

と言うのも、賃貸住まいですと老後になっても払い続けなくてはいけない家賃。老後になっての家賃ってとても経済的に負担は大きいです。少ない年金から毎月家賃を払う事が厳しいと感じます。そう思うと、現役の若いうちに家を購入していれば老後の住まいの確保として安心ではないのかと思います。もちろん年金や老後の金銭がありふれていれば問題はないですが私達にとって少ない年金しか収入はないと思うので家賃の負担は大きいです。その様な事を考えると年金だけでやっていけるのか不安になったりもします。

【参考】