賃貸住宅の原状復帰条項では壁にくぎ一本打つことがままならないのでURのDIY対象住宅の賃貸が注目されています。

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること
評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

URのDIY対象住宅で注目される民間の賃貸住宅の原状復帰条項

民間の賃貸住宅に入居しようとすれば賃借人は貸主と賃貸借契約を結ぶ際に退去時に室内を入居時と同じ状態に原状復帰するよう厳密に要求されています。この原状復帰条項により賃貸住宅に入居したら壁紙の交換やキッチンなどへのコンパクトな棚の設置どころか、壁にくぎ一本打つことさえままならないわけです。しかしながら、何年も同じ部屋で生活すれば退去時に室内に汚れや傷がついていてもそれが入居直前のものか、あるいは、意図的なものかがはっきりせず、退去する際に貸主との間で敷金返済のトラブルがしばしば発生しているのです。

ところが、最近、UR都市機構が所有物件のうちの一部を限定してDIY対象団地の賃貸を始めたことが注目を集めています。即ち、UR都市機構のDIYの手引きに従えば入居者の好む仕様に変更することのできなかった室内を変更したり修繕したりことを認めたのです。床材の交換や和室の洋室化あるいはキッチンや浴室の設備交換まで可能なので、入居者は希望すればホームセンターやインテリアショップ等で材料や工具を購入して日曜大工することができるのです。もちろん、電気配線や水道工事などの中には専門業者に頼まなければならないことがあるので、変更や工事をしようとするなら事前にURに申し出て許可を受けた上で安心して室内を趣味化すると良いでしょう。

【参考】