賃貸住宅は家賃の安さだけで選ぶのではなく、光熱費の事や周りの環境、それに伴った出費を予測して選びましょう。

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること
評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

賃貸物件は家賃が安いだけで選んではいけません。

賃貸住宅に住み続けてかれこれ何十年。ライフスタイルに合わせて物件を選び、幾度と移り住んできました。仕事をしている時には、交通機関が近い場所を選び、子供が生まれたら教育機関が近いかどうか等と色んな条件を加味しやすいのが賃貸住宅だと思います。家族構成に合わせて必要な間取りを選び、その中からなるべくなら家賃が安い物件を探す方が多いのではないでしょうか。

しかし、家賃は安いかもしれませんが、他の部分にお金がかかるなんてことになったらどう思いますか?代表的なもので言えば、光熱費。LPガスと都市ガスではかかる費用が全然違います。最初に確認できることの1つだと思うのですが、案外見落としてしまったり。その他にも立地条件はどうかということ。のどかな田舎暮らし、周りは木々がたくさんなんて土地に住んでしまったら大変。虫の巣窟なんです。虫の駆除剤を自分で買い、自分で撒く。案外このお金かかります。雑草が生い茂るなら、除草剤の出番です。管理会社にその都度お願いしてやってくれる所もあるかと思いますが、稀かなという印象です。

雪の降る土地に住んでいる方なら、玄関フードのない吹きっ晒しのドアならば、鍵穴の凍結なんてことも珍しくありません。そうなると、自分で解氷スプレーなんてのも用意しなくてはなりませんよね。家賃がいくら安くても、住んでみてからかかるお金もあること、それを意識した賃貸住宅を選ばなければ、損をしてしまうかもしれません。