自分が住んでいる賃貸が差し押さえられてオーナーが完全に変わった場合、結論としては早く引っ越した方が賢明です。

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること
評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

自分が住んでいる賃貸が差し押さえられた場合

まれにですが、自分が住んでいる賃貸が差し押さえられることがあります。これは通達などが来ないと、住んでいる人はほぼ気付かないのですが、時には困ることになる場合もあります。それは差し押さえられた後にその物件が競売に出されて、持ち主が完全に入れ替わってしまう場合です。こういう場合はかなり面倒な話になります。ここでようやく、住んでいる人は自分が住んでいる物件の持ち主が変わったということに気付くでしょう。

オーナーが完全に変わると契約関係が引き継がれないことは往々にしてあります。敷金などを収めていても返ってこないということも十分に考えられるでしょう。また契約関係が崩れているので、新しいオーナーと契約を結び直す必要が出てくると思います。そこでまた保証金を払うようにと言われる可能性も出てきますので、これは堪ったものではありません。

そういうことで、オーナーが完全に変わってしまった場合は面倒なことに巻き込まれる可能性が高いので引越すのが賢明な策です。敷金などの保証金が戻ってこないですが、そこは家賃と相殺ということで交渉を行っていくのが重要です。自分の手に追えない場合は弁護士などに相談するのも良いでしょう。