賃貸には契約更新料というものがあります。余り意味があるものではありませんので裁判にもなっています。

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること
評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

賃貸の契約更新料の意味とは

賃貸に住んでいると契約期間というものがあります。これが来ると次の契約をするか否かということで、大家さんに聞かれると思います。そこで新しく契約を結ぶ場合には何故か契約更新料というものが掛かります。この料金は不動産屋でまちまちですが、家賃一か月分を要求される場合もあります。これは大体、2年毎に来たりもしますのでかなり余計な出費になると思います。

そもそも契約更新料というのは、何か重要な意味があって取っているものではないということは覚えておきたいところです。慣習でその料金があるということになります。もっとも非常に人気が高い地域の物件であれば、今いる人が出て行ってもすぐに新しい人が来て貸す側としては問題ないと言えます。ですからそういう場合には、この契約更新料を拒否することはまず出来ないでしょう。

しかし出て行ってもらっては困るというような賃貸の場合は、交渉すると契約更新料が免除される可能性もあると言えます。最近では少ないですが、この更新料を巡って無効を要求する裁判が行われていたりしますので、今後この更新料が無くなる可能性もあるかもしれませんね。

【参考】