賃貸の退去時に部屋をきちんと引き渡さないと、それ以降も賃料が発生していることがあります。鍵を渡しましょう。

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること
評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

賃貸の退去時に部屋を引き渡す方法

月極でお金を支払うようなとき、あまり無駄にお金を払いたくないと思うものです。月末までの利用で1箇月分の支払いをするなら、月末で利用が終わるように調整をします。1日利用しただけで翌月の1箇月分を請求されることもあるからです。多くの場合は日割りで計算してくれるところがあります。本当にその日数利用しているなら仕方のない費用になりますが、自分としては払う必要のないもの思っていたら、無駄に支払う費用になってしまいます。

賃貸においては、1箇月ごとの契約になっています。契約更新日はちょうど区切りの良い時なので、その日に退去することにしました。そうすればその後の賃料も発生しません。ところが、日割賃料を請求されてしまったのです。

部屋の引き渡しには、家具などの搬出、大家や不動産業者に立会、そして大家や不動産業者に鍵を渡す事が必要です。引越し時に大家などがいないために家の中に置いてきてしまったのです。引き渡しが完了していなくて日割賃料がでてしまったのです。

【参考】