賃貸マンション、アパートなどで保証人が立てられないときは、保証会社の審査を受けて、家賃を支払うのです。

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

評判の良い賃貸マンションに暮らしていること
評判の良い賃貸マンションに暮らしていること

賃貸の入居審査に保証人がいない場合

賃貸マンション、アパートを借りるには誰でもいいわけではなく、入居審査が必要になります。審査の重要項目は、入居希望者が一定の決まった収入があり、家賃の支払い能力があるかです。他にも審査項目はありますが、重要なのが支払い能力があるかです。

いくら支払いができるといっても、急に出て行った、部屋の中を破損させたりして、本人に支払い能力がないとき、敷金でも足りないときは別途請求します。その請求先が保証人になるのです。保証人としては、誰でもいいのですが、親、兄弟であることが一番です。敷金で現状回復ができないほどの修理必要とした時に発生するかもしれません。

しかし、保証人がいないと賃貸が借りられないわけではありません。そのようなケースですと保証会社の審査で通れば大丈夫です。保証会社が入居者を審査して、保証会社を通して、家賃を支払うことで大家も家賃が滞ることなく、家賃収入が得られるのです。保証会社を通す分若干家賃が高くなります。